アウラニで泳ごう! ハワイ新婚旅行 アウラニ プール編

新婚旅行でハワイのディズニーリゾート、アウラニにやってきたやくみとえんじ。

アウラニはディズニーランドのような遊園地ではありませんが、プールとビーチでひたすら遊べるまさにリゾート施設。

丸一日予定はいれず、プールでのんびり遊びたいと思います!

まずは準備

持ち物はなし!

いつでも手ぶらで行けます!
部屋で水着に着替えたら、さっそくプールサイドへ!

タオルはプールサイドでゲットできますし、ホテル内は水着で歩いてもOKなので着替えもとくにいりません。
サングラスぐらいしか持たずにそのままプールへ向かいます。

プールに入るリストバンドをもらう!

アウラニのプールで遊ぶには1日1回、受付に行ってその日の宿泊カードキーを見せて、リストバンドをつけてもらう必要があります。
リストバンドは毎日違う色になっていて、ちょっとコレクション欲をくすぐります。

また、このリストバンドをたくさんつけている=長期連泊をしているという意味になるので、ちょっとしたどやりアイテムにもなっています。
なので、本来は当日以外のリストバンドをつけている必要はないのですが、みんな外さずにじゃらじゃらとつけているのです。

さらに、DVCのメンバーとそうでない人とではリストバンドの種類が違ったりもします(やくみとえんじがつけてるキラキラしたリストバンドはDVC)。
だからどうという訳ではないのですが、キラキラのDVCリストバンドを沢山つけている人が、1番の常連さん、というわけです。

ちなみに、なぜ種類の違いに気づいたかというと、自分たちはどういうわけかDVCへの勧誘の声かけを一切されなかったから。
↓のようにキャラグリの列に並んでるとよく勧誘のキャストさんが来るのですが、リストバンドの種類を見て声をかける人を選んでいたのです。

タオルをもらってビーチチェアを確保!

リストバンドをもらうときに、タオルは何枚?と聞かれるので、好きな枚数を答えるとバスタオルがもらえます。

このタオルはいつでもいくらでももらえますので、濡れたらすぐに交換でもOK!
ふかふかなので、もらいたてのタオルはそれだけで気持ちが良いです。

タオルを返却するBoxもいたるところに設置してあります。

そして、タオルをもらったら、なるべく早くビーチチェアを確保するのがおすすめです。

アウラニのプールサイドにはいたるところにビーチチェアが置いてありますが、みんなタオルや荷物で確保して遊びに行ってしまうので、時間帯によってはなかなか空いている場所を探すのに苦労します。

いい場所が空いていたら、タオルを置いて遊びの拠点をゲットです!

リフィルマグに飲み物を補充!

アウラニでは、リフィルマグと呼ばれる指定のカップを1度買えば、ソフトドリンクが飲み放題になります。

リフィルマグはアウラニの売店なら大抵どこでも売っていて、だいたい20$しないくらい。
滞在中のソフトドリンクがずっと無料なことを考えれば、安いくらいです。

しかもこれ、普通におしゃれ。
持って帰って家でも使いたくなります。

リフィルできるドリンクサーバーはプールのあちこちに設置してあり、だいたいはアメリカンな甘い炭酸飲料。
ですが、ウルカフェのサーバーにだけは暖かいコーヒーや紅茶があるので、えんじはコーヒーもよく飲んでいました。

ちなみに、リフィルマグはみんな持っているし絵柄も数種類しかないので、他の人のものとわからなくならないように気をつけたほうがよいかも。
やくみとえんじも、リフィルマグとタオルだけで席取りして、他の人のと間違えられてしまったことがありました……。

遊ぶ!

準備ができたらさっそくプールへ入ります!
(このごろは体力に自信がないので、準備体操はちゃんとしますw)

流れるプール

客室から見えていて気になっていた流れるプールに行ってみます。
(流れるプールとスライダーを合わせて、ワイコロヘ・ストリーム、と呼ぶそうです)

黄色い浮き輪をとって、入水。
水は冷たくないので最初の覚悟もいりません。

そのまま流れに身を任せてのんびりと進みます。
アウラニのプールゾーンの半分くらいのエリアをぐるりとまわっているコースなので、そこそこ長い。

せっせと泳いでまわっていくのも楽しいですが、えんじはぼーっと周りの景色を眺めながら流されていくのが好きでした。
さすがディズニークオリティだけあって、植木や橋などを見ていると、なんとも言えない非日常感が味わえるのです。

まぁ、あまりぼーっとしすぎていると、コースの後半にある滝ゾーンでびっくりするのですが……w

スライダー

アウラニには2種類のスライダーがあります。

1つは、流れるプールと同じ浮き輪に乗ってすべる「チューブストーン・カール」
もう1つは、体のみですべる「ボルカニック・バーティカル」

やはりスライダーは人気なので、常にちびっこたちが並んでいます。
空いているタイミングを見計らっていくと良いかもしれません。

やくみとえんじはチューブストーン・カールのほうに、2人乗りの浮き輪に乗って挑戦してみました。
(体だけのやつはちょっと怖かった……)

実際乗ってみると、思ったよりコースが長い!
しかも意外とスピードが出る!

アウラニで1番スリリングなのはここじゃないかと思います。

普通のプール

もちろん、普通のプールもあります。

メインの広いプール(ワイコロヘ・プール)と、海岸が見えるプール(カ・マカ・グロット)の2箇所があり、主に子どもたちがはしゃいで遊べるプールになっています。

やくみとえんじは、ここではそこまで遊びませんでしたが、ナイトプールぽい写真をとるぞ! と言って夜に行ってみたりしました。
特に海岸が見える方のプールは暗くなるとライトアップされてるので、なかなか綺麗なスポットになります。

大人向けプール

プールはどこを見ても子どもたちが楽しそうに遊んでいますが、実は大人専用のプールもあります。

プールエリアの端の方、お酒が飲めるバーのそばにある、静かな「ワイラナ・プール」は18歳以上対象の静かなスポットです。

ビーチチェアでお酒を飲んだり、本を読んだり、昼寝をしてたまに泳いだりと、ゆったりと静かに過ごすことができます。
ちょっと疲れた時は、部屋に戻って休むのももちろんアリですが、ここでくつろぐのもとてもおすすめです。

やくみとえんじも、ちょっと遊び疲れたねー、という時にはここで休憩していました。

やくみはビールを飲み、えんじはちょっとお昼寝をするのですが、なんというか、プールサイドで時間も気にせずにゆっくりと昼寝をするというのは、思っていたより素敵な体験でした。
バケーションはリゾートのプールで、という人がたくさんいるというのも、なんだか分かるような気がします。

スパ

もう1つのくつろぎポイントが、温かい水流スパ。
見た目はちょっと小さい普通のプールですが、水が温かいお湯なのです。

ようするに露天風呂ですから、ゆったりとリラックスすることができます!

アウラニにはいくつかの水流スパがありますが、海岸をみることができる&18歳以上向けの、大人向け水流スパがやくみとえんじはお気に入りでした。
アウラニ滞在中にいったい何回行ったのかわからないくらいですw

日中ももちろんいいですが、夕方や夜にいくと、とてもロマンチックな雰囲気が味わえます。

レインボーリーフ

アウラニの中で唯一有料のゾーンがレインボーリーフです。

レインボーリーフでは魚がたくさん泳いでいるプール(というよりは人口の岩場)の中でシュノーケリングを楽しむことができます。

中にはいるとライフジャケットとシュノーケル(水中眼鏡に呼吸用のチューブがついたあれ)を貸してくれるので、装着。
ぷかぷか浮かびながら、たくさんの魚が泳ぐのを眺めることができます。

たくさんのカラフルな魚がいて、しかも、けっこう大きいヤツもいる!
えんじはGoProを持って入ったのですが、思わずテンションが上がってしまい、ずーっと魚を撮影していました。

ただし、魚が泳いでいるので当然ですが、ここだけは水温がやや低いので、あまり長くいると体が冷えてきます。
十分楽しんだら、そのまま水流スパへ直行です。

子ども向けスペース

やくみとえんじは大人なのでいきませんでしたが、他にもアスレッチックのような遊具や、下から水が吹き出してくるゾーンなど、子どもが遊べるゾーンもありました。

【まとめ】やくみとえんじ、ふたりの場合

やくみとえんじの2人は、いわゆるリゾートっぽいリゾートはこれが初めて。
もちろんプールで泳いでスライダーではしゃいで遊ぶのは楽しいのですが、なにより感動したのは、「ビーチチェアでただ昼寝をする」という体験でした。

時間も気にせず、なににも縛られず、なにも考えずにただ日向で昼寝をする。
ここはハワイで、仕事や人間関係はすべて日本に置いて来ているので、今は気にしない。
暖かい日差しと、ふかふかのタオルと、ちょっと遠くで子ども達がはしゃいでいる声を感じながら、ただぼーっとするだけ。

そんな時間が、アウラニで感じた一番の非日常でした。

投稿者: enji

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA